稼ぐための法則 - 会社員がアフィリエイトでザクザク稼ぐ方法!!

稼ぐ為の法則 第7条 <自分の使った感想を正直に伝える>

==============================

■『自分の使った感想を正直に伝える』

==============================


7.自分の使った感想を正直に伝える。


先週の『(6)自分の儲けよりも、購入者の満足を考える』とも関
係しますが、自分の使った感想を、【わかりやすく】かつ【正直に】
伝えることが必要です。


自分が使ってみて、自信がない商品を、うわべだけ取り繕って紹介
しても、購入者には見透かされています。


購入者は、あなたが考えている以上に感が鋭く、本質を見抜いてき
ます。




又、誤解を与えない為には、【わかりやすく】説明する事が重要で
す。


自分がその商品・商材を使ったことがあるならば、その感想を正直
に伝えましょう。


自分が売りたいからといって、自分で満足しなかった商品を


「これは非常にいい商品です。」
「この商品のおかげで、●●出来ました。」
「この商品を自信を持ってお薦めします。」


といった調子で、読者を煽るのは止めましょう!!!


自分が満足しなかった商品は、どこが満足出来なかったのか?

全体として満足しなかった商品でも、どこか薦められるところがあ
れば、いいところと、悪い(気に入らなかった)ところを正直に、
かつ正確に伝えましょう。



自分が気に入らなくても、他の人にとってはありがたいことかも知
れません。



物事に対する感性・価値観は、十人十色です。



読者が知りたいのは、あなたの基準での評価ではなくて、その商品
を自分で判断する為の材料です。



例えあなたの評価が、『絶対にお薦め』


であったとしても、お客様が購入してくれるとは限りません。


逆に、あなたの評価が、最悪であったとしても、別の観点から、そ
の商品を評価して、購入してくれるお客様もいます。



大事なので、くり返して言います。



読者(お客様)が知りたいのは、あなたの評価ではなくて、自分で
評価するための材料です。



ですから、誤解が無いように、正直にかつ正確に伝えなければなり
ません。



あなたが、常に正直にかつ正確に、あなたの感想を伝えていれば、
読者(お客様)はあなたの事を信用してくれるようになります。



この信用が、重要です。


ネットビジネスを行っていくには、顔の見えない人物を相手にしな
ければなりません。


顔の見えない人物 >>>>> 不安 ですよね。



ですから、あなたは、まずこの不安を取り除いてあげなければなり
ません。


その為には、常日頃から、正直かつ正確である必要がある訳ですよ
ね。



これを積み重ねていくと、あなたのブランディングが出来上がりま
す。


ブランディングが構築出来れば、鬼に金棒です。


アフィリエイトをはじめとするネットビジネスを軌道に乗せる為、
まずはブランディングを構築しましょう!!!






目次に戻る

稼ぐ為の法則 第6条 <自分の儲けよりも、購入者の満足を考える>

==============================

■『自分の儲けよりも、購入者の満足を考える』

==============================


商品を一度だけ販売して終わり!!! という場合は必要ありませ
んが、やはり購入者の方には、何度も購入していただきたいと思い
ませんか?



自分の儲けよりも、購入者の満足する商品を紹介していれば、リピ
ーターとなって戻ってきていただけます。


一度の商売よりも、儲けは少なくても、何度も購入していただけれ
ば、結果的に、トータルとしてよりたくさん購入していただける事
になります。


つまり、購入者の方に満足していただき、自分も儲けるというWI
N−WINの関係ですね。


自分の儲けに一生懸命なメルマガやサイトは、売ろう売ろうという
意識が見え見えです。


あなたは、そのような所から解体と思いますか?


思いませんよね。



ここで、あなたのブラウザの「お気に入り」に入っているサイトを
見てください。


どのようなサイトが有りますか???


人それぞれですが、大多数のサイトは何らかの情報を得るためのサ
イトではありませんか?


具体的に何かを購入使用としていれておいたサイトもあるとは想い
ますが、ほとんどは違いますよね。



具体的に買う商品が決まっている場合は、どこから買おうかと、
色々と探しますが、それ以外では、商品ばかりが並んでいるサイト
を頻繁に訪れますか?



頻繁に訪れるサイトというのは、何らかの情報・満足感が得られる
サイトですよね。


そういうサイトを作成すれば、売ろうとしなくても、お客さんが、
どんどんとサイトを訪れてくれますので、自然と売れるようになり
ます。


自分が売る事よりも、まずはお客様に満足を与える事が重要です。



あの、「鬼ブログ塾」のなつきさんも、ブログ作成で一番重要な
のは、『先に与えること』だと言っています。



その意味で、このメルマガもまだまだ、読者の方に与える事が
充分出来ていないと思います。


これからも、読者の方に役に立つ情報を提供していきますので、
宜しくお願いします。



「こんな情報が欲しい」というのがありましたら、お気軽に
メールください。

keiichirou.kaneda@gmail.com





目次に戻る

稼ぐ為の法則 第5条 <知っている商品を紹介する>

==============================

■『自分の知っている商品、使ったことのある商品を紹介する』

==============================

やはり自信を持って勧める事が出来るのは、自分の知っている商品、
自分が使ったことのある商品ですよね。


でも、『自分が使ったことのある商品』に限定してしまうと、紹介
する商品が限られてしまいます。

では、どうすればいいでしょうか?

自分が使った事のない商品を紹介する時は、『自分の知っている商
品・情報』と結びつけて紹介すればいいのです。


具体的にどうするかというのは、いくつかの方法がありますが、一
つの方法は、


紹介する商品を決める




その商品に関連する情報を集める
(インターネット検索、新聞、書籍等)




自分が知っている商品、知識と結びつくまで情報を集める




紹介する商品の説明文に、自分が調べた情報を、自分が知っている
商品・知識の側面から説明する


このようにすれば、自分の言葉で説明することができます。



以上は創刊号で書いた内容です。



今回は、追加として、情報商材(有料/無料)に関してのテクニッ
クを紹介します。


まず、無料レポートを紹介するには、無料レポートの配布スタンド
に登録しなければなりません。


無料レポートの配布スタンドはたくさんありますが、まずは、下記
に登録すればいいと思います。


新定番 無料レポート配布型読者増加サービス スゴワザ!
→ http://www.sugowaza.jp/?afkey=705_682


まぐぞう
→ http://mag-zou.com/


ブロぞう
→ http://blo-zou.com/


フリーブック
→ http://www.free-book.jp/login.php


メルぞう(1月10日までの期間限定で新規登録受付中)
→ http://mailzou.com/


一番のお薦めは『スゴワザ』です。

登録は無料なので、全てに登録すればいいと思います。



これらに登録すると、無料レポートを紹介する時に、事前に、自分
で無料レポートを読むことができます。


又、他の人と意見交換できる無料レポート専用のSNSである無料
レポート村というのもあります。

これは、誰でも簡単に登録できるのは、12月31日までです。
来年、1月1日からは招待性になりますので、メンバーからの招待
がないと、入会できなくなります。

登録はお早めに;
→ http://report.sns.fc2.com/join.php

(来年以降、入会されたい方は、私から招待しますので、メールに
 て連絡ください。本メーへの返信で届きます。)


この様に、無料レポートを紹介する時には、事前に自分で内容を確
認してから紹介することができます。



問題なのは、有料商材の場合です。

自分で購入して確認するには、有料商材は大体1万円〜3万円程度
しますので、お金がいくらあっても足りませんよね。

その場合、まずは、無料で情報商材を読めないかという事を考えま
す。



『マグ広告』って知っていますか?
→ http://www.1magkoukoku.com/


ここに登録すると、以前このメルマでも紹介した、畑岡さんの
メルマガウハウハモード(19,800円)が無料でもらえます。


更に、メルマガを発行していると、情報商材発行者からの広告の依
頼があります。その時に、情報商材を見せてもらえる事があります。


詳しい方法は、無料レポート
【決定版】173,800円分の情報商材をタダで入手した方法
→ http://tinyurl.com/yyqcaz

に書いて、ありますので、参考にしてください。


その他の方法として、ある程度のメルマガを発行していれば、直接
情報商材発行者にコナtクトして交渉するという手もあります。
難しいようですが、案外商材を見せてくれる事がありますよ。


後は、他の人の感想、セールスレター、コミュニティの書き込みを
参考にすればいいと思います。


有料メルマガですが、最近『情報商材レビュー研究会』というのが
発刊されました。
→ http://jeeee.net/url/1439.html

ここに書いてある商材レビューの内容は参考になりますし、会費が
安い(月額6,000円ですが、今は期間限定で3,500円で購読できま
す。今購読すると、今後もずっと3,500円で購読できます。)


これから、情報商材のアフィリエイトを始めようと考えていました
ら、是非購読される事をお薦めいたします。



さて、いかがでしたでしょうか?



それでは、またお会いしましょう。





目次に戻る

稼ぐ為の法則 第4条 <売るよりも薦める>

==============================

■『売るよりも薦める』

==============================

売ろうという態度では売れません。買ってもらわなくてもいいから
いい物をお薦めしていると買ってもらえます。

自分が物を買うときの事を考えてください。


例えば、スーツを買おうとして紳士服の店に入りました。

まずは自分でいろいろと見て回りたいと思っているのに、やりての
店員さんが近づいてきて、勝手に(マージンの高い)スーツを勧め
てきたらどうですか???


急いでいる時にはその方がいいかも知れませんが、私は嫌いです。


まずは、自分で見て回って、気になるスーツがあった時に、こちら
の素振りから、店員さんが、さっと近づいてきて説明をしてくれる。
そんな店員さんから買いたいと思います。



マージンの高いスーツでなく、客の希望を聞きながら、後悔しない
ように、(高いものでなくても)いいものを薦めてくれる。


インターネットの世界でも同じです。


情報商材にしても、何とかして売ってやろうという意識が丸見えの
セールスページから買いたいと思いますか?


何か胡散臭い感じがしますよね。


それに比べて、「気に入れば買ってください、もし、買ってもらえ
なくても、折角私のサイトを訪れてくれたのだから、ノウハウを提
供します。私のサイトのセールスレターに書いているノウハウを実
行すれば、商材を買わなくても稼ぐ事ができます。まずは、セール
スレターのノウハウで実績を出してください。そして気に入れば、
商材を買ってください。」


という、サイトがあればどうですか?


例えばこのサイトです。

→ http://fm7.biz/d43



サイトのノウハウがてんこ盛りであれば、うれしいですよね。


そして、そういうサイトは信用しますよね。


サイトを信用すれば、そこで紹介されている商材も購入してみよう
という気になりますよね。



売るよりも薦める、有益な情報を提供することが、将来の顧客獲得
に有効なのです。


分かっていてもなかなか実行出来ませんよね。


誰でも、目先の利益につられてしまいます。


常に、お客(読者の)LTV(Life Time Value)を考えてくださ
い。LTVとは、一生涯に渡る顧客の価値のことです。



AIDMA(アイドマ)理論、AISAS(アイサス)理論、ご存
じですか?


消費者が商品購入に至る心理状態の推移を表したモデルです。


今までは、AIDMA理論が主流でした。


Attention(注意)



Interest(関心)



Desire(欲求)



Memory(記憶)



Action(行動)


ところが最近は、AISASに変わってきたと言われています。


Attention(注意)



Interest(関心)



Search(検索)



Action(行動)



Share(共有)


Yahoo、Googleに代表される検索エンジンの台頭により、検索の重
要性が高まっています。


商品に関心を持った消費者は、ネット上で検索を行い、商品購入行
動を起こすという見方です。


そして、商品を購入した消費者がネット上で商品の評価や評判を書
き込み、消費者間で口コミ情報が共有されます。


売ってやろうという態度で販売した商品は、この口コミの評判が悪
くなる危険性があります。


自分が自信をもって薦めた商品であれば、口コミの評判も良くなる
のでは、ないでしょうか?


この事からも、「売る」よりも「薦める」方が、将来に渡って買っ
てもらえる可能性が高いのではないかと思っています。



それでは、またお会いしましょう。





目次に戻る

稼ぐ為の法則 第3条 <情報には投資する>

==============================

■『情報には投資する』

==============================

3.情報には投資する。

情報は、インターネットで調べればほとんどの事は分かります。

又、最近は、『無料レポート』として、無料で質の高い情報が手に
入ります。

『無料レポート』と調べた情報だけでも、稼ぐ事はできます。


それでも、『情報に投資する』事が重要と考えているのは、何故で
しょうか?







それは、自分が知らなかった情報を入手出来ることと、時間を節約
出来るからです。


私は、会社に入社した20数年前、当時の上司から、

「会社に入ったら、常に幅広い勉強をしなさい。大学の様に、答え
があるものを覚えればいいという訳ではない。答えの無いことに答
出していかないといけない。その為には、自分のお金を使って勉強
(自己啓発)しなさい。自己啓発にかけるお金の目安は、最低給料
の5%は使いなさい。」

と言われました。


当時の初任給が約18万円でしたので、毎月本を買ったり、セミナ
ーに参加したりするのに、最低9千円は使いなさいという事でした。

今では給料も2倍以上になっているので、毎月2万円以上は投資す
る事になります。


本を読むという事は、他人の経験を学ぶということです。

セミナーに参加するのも同じですね。

自分では出来ないような経験、思いつきを読書・セミナーから得る
事ができました。

今でも、仕事関係については、書籍の購入・セミナーへの参加等で
2万円以上は投資しています。


ネットビジネスについても同じです。

他人の経験を学ぶ為には投資が必要ですね。


何に投資するかというと、情報商材の購入、便利ツールの購入、セ
ミナーへの参加、会員制コミュニティへの参加等たくさんあります
ね。


私もほとんどの事に投資しています。


今では伝説となった、情報商材の火付けとなった、石田健さんの、

「ザクザク稼ぐメールマガジン」
  http://jeeee.net/url/858.html


に始まり、現在畑岡塾を主催している畑岡宏光さんの

「メルマガウハウハモード」
  http://jeeee.net/url/859.html

田渕隆茂さんの

「メルマガ革命」   
  http://jeeee.net/url/860.html

等々、今では大御所となられている方の情報商材を買いました。

他にもたくさん買っています。


情報にお金を投資する事のもう一つの目的は、時間を稼ぐ事です。


情報にお金を払わなくても、経験を積んでいけば、又時間をかけて
調べれば、大多数の事は知ることができます。でもその為には、ど
れほどの時間が必要でしょうか?


情報も鮮度が重要です。


世の中のニーズが無くなってから、関連情報にたどりついたとして
も、手遅れです。


多少のお金を払っても、必要な情報をタイムリーに入手すれば、投
資の何倍ものリターンが得られます。


情報商材を扱っている人にも、得意・不得意があります。
得意な人の任せた方が、優良情報が得られます。


餅は餅屋、鍛冶は鍛冶屋、散髪は床屋、情報は情報の専門家に任せ
ましょう!!!



それではまた、お会いしましょう。




目次に戻る